こぎん硝子 ー グラスができるまで ー
5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7 5ea3dee5cee9ea291619a8b7

こぎん硝子 ー グラスができるまで ー

¥0

送料についてはこちら

白神ガラス工房では吹きガラスで商品を製作するとき、型に吹き込んで成型する技法ではなく、型を使わずに職人が一つ一つ制作する宙吹きの技法で製作しています。 このページではこぎん硝子のグラスができるまでを写真で紹介しています。 ガラスという素材はとても繊細で、ガラスや吹き場のコンディション、日々移り変わる季節や気候の変化、職人の気持ちなどがカタチに大きく影響をあたえます。 ひとつのグラスが出来上がるまで約10分から20分程、その時間の中でガラスの形を整え、冷めてきたら温めを繰り返しながらつくってゆきます。ガラスは水あめのようなやわらかい状態から職人の手によってグラスのかたちに変化してゆきます。そのかたちの変化の流れは写真には納まりきれません。 毎日を過ごす中で全く同じ日が無いことと同じように、ガラスの器たちも一つ一つ同じかたちのものはありません。 出来上がったもの達のかたちの違いは、時間という目に見えないものをガラスの器としてかたちに留めているのではないかと、一つ一つの器から様々な思いがめぐります。 ガラスの厚み、重さ、小さな気泡や色の濃淡の違いなど、宙吹きという吹きガラスの技法独自の様々な個性を楽しんでいただければ幸いです。